心療内科を利用しよう!〜最新機器はうつ病に効き目抜群〜

女性

最新の検査で誤解を払拭

うつ病は心の風邪と称されることもあり、心の病と認識している人が多いというのが現状です。しかし医療の現場では、脳の機能低下などにより引き起こされる脳の病気であると考えられています。現在、最有力とされているのは脳内神経伝達物質の異常がうつ病の原因という考え方であり、モノアミン仮説と呼ばれています。具体的にいうと、脳内から分泌されるセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の不足によって自律神経や感情の均衡が崩れてしまい、うつ病を発症すると考えられているのです。
このように、うつ病は脳の病気であるにも関わらず、多くの誤解を受けています。その誤解ゆえにうつ病だということを隠している人もいます。ただ、最近ではうつ病かどうかを視覚的に判断できる光トポグラフィー検査というものがあらわれています。光トポグラフィー検査とは頭に専用の機器を取り付け、その状態で決められた質問に応えていくというものです。その結果、脳が正常に働いているかを診断できます。問診など曖昧なものではなく、客観的な診断が可能であるため、正確性が非常に高い検査となっています。うつ病に対する誤解を払拭するとして、期待される最新のものなのです。もしも、うつ病かどうかわからないという場合には、この検査を利用しましょう。東京の心療内科にも光トポグラフィー検査を取り入れるところが多くなっており、2014年の4月からは保険適応となったため利用しやすくなっています。

きちんと休んで相談しよう

うつ病になったときは東京の心療内科で治療をすることができますが、主に薬の処方や休息タイムを作ることなどが治療法として挙げられています。うつ病になったときは罪悪感を感じるのではなく、しっかり休息をすることが大切です。

» View Detail

医療機関の活用をする

精神面に影響して起こる症状としてうつ病がありますが、こうした症状は東京の精神科や心療内科で治療をして改善できます。うつ病治療の施設は専門医療機関のあるので、これから通う人はまずチェックをしておくと良いでしょう。

» View Detail

精神的な問題を改善

日頃からストレスを抱えることによって精神的に病んでしまいうつ病になるリスクが高まってしまいます。東京の心療内科へ行くことで薬物療法やカウンセリングなどの治療をしてくれるので、それにより症状を緩和することができます。

» View Detail